何でもありの、ごちゃまぜブログ。

WordPress3.6.1 → 3.7へ(手動アップグレード)

2013.12.14

WordPress3.6.1 → 3.7へ(手動アップグレード) はコメントを受け付けていません。

気づけば3.8への更新ができるようになっていました…。

ただ、現在3.8は英語版しかないようなので、ひとまず3.7へ手動でアップグレードすることに。

手動でのアップグレード方法を記録しておきます。この記事を参考に手動でアップグレードする場合は、自己責任でお願いします。

手動アップグレードの手順

  1. WordPressのダウンロード&解凍
  2. プラグインの無効化
  3. 公開中のWordPress内の不要なディレクトリを削除
  4. ダウンロードしたWordPressのアップロード
  5. データベースの更新
  6. プラグインの有効化

なお、手動アップグレードするまえに必ずバックアップ(ファイル&データベース)は取っておきます。

1.最新版をダウンロードし解凍

WordPress日本語からWordPressをダウンロードして解凍します。

2.プラグインを無効化

手動アップグレードの前に、プラグインをすべて無効化しておきます。

3.公開中のWordPress内の不要なディレクトリを削除

公開中のWordPressの「wp-admin」と「wp-includes」ディレクトリを削除します。

4.ダウンロードしたWordPressのアップロード

ダウンロードしたWordPressの「wp-admin」と「wp-includes」フォルダをアップロードします。

ダウンロードしたWordPressの「wp-content」内のフォルダとファイルを、公開中のWordPressの「wp-content」にアップロードして上書きします。

ダウンロードしたWordPressのフォルダ直下のファイルをすべて、公開中のWordPressのフォルダの直下にアップロードして上書きします。

5.データベースの更新

WordPressインストールディレクトリ/wp-adminへアクセスします。データベースの更新が必要な場合は以下のような画面が表示されるので、[WordPressデータベースを更新]をクリックします。

「更新完了」と表示されればデータベースの更新は完了です。[続ける]をクリックします。

すると、管理画面(ダッシュボード)が表示されます。

6.プラグインの有効化

後は、先ほど無効にしたプラグインを有効化します。

ブログを表示して問題なく表示されれば、手動アップグレードは完了です。

なお、手動アップグレードが完了したら「install.php」ファイルは削除しておいたほうがいいようです。「install.php」ファイルを不正に利用されるとWordPressが初期化されてしまうことがあるようです。書いた記事がすべてなくなってしまいます。削除するのが怖い場合は、パーミッションを「000」しておくといいそうです。

「install.php」ファイルの場所は、[WordPressインストールフォルダ/wp-admin/install.php]です。

以上、「WordPress3.6.1 → 3.7へ(手動アップグレード)」でした!

 

関連記事

コメントは利用できません。