何でもありの、ごちゃまぜブログ。

「BackWPup」プラグインでDropboxへバックアップするための設定

2014.03.15

「BackWPup」プラグインでDropboxへバックアップするための設定 はコメントを受け付けていません。

WordPressのプラグイン「BackWPup」を使ってDropboxへバックアップする為の設定を行いましたので、設定方法を紹介します。

なお、「BackWPup」の基本的な設定は済んでいる状態から説明をはじめます。

BackWPupのインストール方法と基本的な設定は、こちらの記事を参考にしてください。
BackWPupでWordPressのバックアップ!

「BackWPup」プラグインでDropboxへバックアップするための設定

WordPressにログインして、[BackWPup] → [Jobs]の順にクリックします。

続けて、Dropboxへバックアップしたいジョブの[Edit]をクリックします。

[Backup to Dropbox]にチェックを入れ、[Save changes]をクリックします。

[Chages for ~]と表示されたら、[To:Dropbox]をクリックします。

Dropboxのアカウントを取得済みの場合は、[Reauthenticate(Sandbox)]をクリックします。Dropboxのアカウントを取得していない場合は、[Create Account]をクリックしてアカウントを取得してください。

このような画面が表示されるので、[許可]をクリックします。

「Authenticated」と表示されればOKです。続けて保存先などを指定します。

バックアップファイルを保存するフォルダを指定し、指定したフォルダ内に保存するファイル数の上限を指定します。バックアップ時に上限値を超えた場合は、古いファイルから削除されるようです。保存先と保存数を指定したら、[Save changes]をクリックします。

変更が保存されたら、[Run now]をクリックしてDropboxに保存されるか確認します。

Dropboxの指定したフォルダにバックアップファイルが作成されていればOKです!

以上、『「BackWPup」プラグインでDropboxへバックアップするための設定』でした!

関連記事

コメントは利用できません。