何でもありの、ごちゃまぜブログ。

関数の定義(JavaScript)

2013.04.12

関数の定義(JavaScript) はコメントを受け付けていません。

関数の定義方法は3つ。

  • function命令を使用して、関数を定義する
  • Functionコンストラクタを使用して、関数を定義する
  • 関数リテラルを使用して、関数を定義する


【function命令で関数定義】
function max(x, y){
return (x > y) ? x : y;
}
document.write(‘max:’ + max(5,10));

結果:
max:10

【functionコンストラクタで関数定義】
var max = new Function(‘x,y’, ‘return (x > y) ? x : y;’);
document.write(‘max:’ + max(5,10));

結果:
max:10

【関数リテラルで関数定義】
var max = function(x, y){
return (x > y) ? x : y;
};

document.write(‘max:’ + max(5,10));

結果:
max:10

どの定義方法をつかうか?

よくつかわれている方法は、
「function命令」で定義する方法と、「関数リテラル」で定義する方法の2つのよう。

で、この2つの使い分けは、定義する関すの使われ方で決める。
色々な場所から使われる関数を定義する場合は、「function命令」で定義し、
1ヶ所からのみ使われる関数の場合は、「関数リテラル」で定義する。

 

関連記事

コメントは利用できません。