何でもありの、ごちゃまぜブログ。

「Viper’s Video Quicktags」のインストール&使い方

2013.08.18

「Viper’s Video Quicktags」のインストール&使い方 はコメントを受け付けていません。

WordPressのプラグイン「Viper’s Video Quicktags」のインストール方法、使い方を紹介します。最後にViper’s Video Quicktagsの設定について簡単に説明しています。

「Viper’s Video Quicktags」のインストール方法

WordPressの管理画面を表示して、[プラグイン]の[新規追加]をクリックします。

検索ボックスに「Viper’s Video Quicktags」と入力して、[プラグインの検索]ボタンをクリックします。

検索結果の一覧が表示されるので、「Viper’s Video Quicktags」の[説明]をクリックします。

「必須バージョン」と「対応する最新バージョン」を確認して問題なければ、[いますぐインストール]ボタンをクリックします。

[プラグインを有効化]をクリックします。

「プラグインを有効化しました」と表示されれば、インストール完了です!

「Viper’s Video Quicktags」の使い方

ここでは、「Viper’s Video Quicktags」を使ってYouTubeの動画を記事内に挿入したいと思います。

「さっそく“Viper’s Video Quicktags”を使ってみましょう!」と言いたいところですが、YouTubeの動画を記事内に挿入するには、動画のURLをコピーしておく必要がありますので、表示したいYouTube動画のURLをコピーしてください。

今回は、たまたまYouTuubeのトップページに表示されていたこちらの動画のURLをコピーしました。

では、記事を新規作成します。「Viper’s Video Quicktags」をインストールすると動画用のボタンがいくつか追加されます。

動画を挿入したい位置にマウスカーソルを表示して、[YouTube]のボタンをクリックします。

このような画面が表示されるので、コピーしておいYouTube動画のURLを貼り付け、[Okay]ボタンをクリックします。

すると、下の画像のようにYouTube動画を表示するためのコードが挿入されます。

上の画像の状態で、一度プレビューしてみると以下のようになります。YouTubeの動画がちゃんと表示されています。

これで、基本的な使い方の紹介は終了です。

なお、動画のサイズを変更したい場合は、YouTubeのURLを貼り付ける画面に表示されていた「Dimensions」をクリックします。

「Dimensions」をクリックすると、動画の「幅」と「高さ」が指定可能になるので、ここでサイズを指定して[Okay]をクリックします。

「Viper’s Video Quicktags」の設定

「Viper’s Video Quicktags」の設定は、[設定]の[Video Quicktags]で指定します。

YouTubeしか利用しないのであれば、YouTubeだけにチェックをいれ[Save Changes]をクリックします。

このように設定しておけば、記事編集画面によけいなボタンが表示されなくなります。

次は動画の表示位置を指定します。
[Additional Settings]をクリックし、Video Alignmentの項目で動画の表示位置を指定します。

初期状態は、中央に表示されるようになっています。これをLeftに変更するば、動画が左側よりで表示されます。

Leftに変更すると、以下のようになります。

[YouTube]をクリックすると、YouTubeに関する詳細な設定が可能です。

ただ、ここは変更する必要はないと思います。細かい設定が必要になったときに調べてみてください!

以上、「Viper’s Video Quicktags」のインストール&使い方の紹介でした!

関連記事

コメントは利用できません。