何でもありの、ごちゃまぜブログ。

Google XML Sitemapsのインストール&使い方

2013.08.20

Google XML Sitemapsのインストール&使い方 はコメントを受け付けていません。

ここでは、WordPressのプラグイン「Google XML Sitemaps」のインストール方法から使い方までを紹介します。

最後に、おまけとして「xmlサイトマップをGoogleウェブマスターツールに登録する方法」も紹介します。

「Google XML Sitemaps」のインストール方法

WordPressの管理画面を表示して、プラグインの[新規追加]をクリックします。

検索ボックスに「Google XML Sitemaps」と入力して、[プラグインの検索]ボタンをクリックします。

検索結果が表示されるので、Google XML Sitemapsの[説明]をクリックします。

「WordPressの必須バージョン」と「対応する最新バージョン」を確認して、問題なければ[いますぐインストール]ボタンをクリックします。

[プラグインを有効化」をクリックします。

「プラグインを有効化しました。」と表示されれば、インストールは完了です!

「Google XML Sitemaps」の使い方

それでは、「Google XML Sitemaps」でサイトマップを作成して通知します。

設定項目の[XML-Sitemap]をクリックします。

設定画面が表示されます。設定可能な項目がたくさんありますが、ここでは変更せずにそのまま利用します。

サイトマップを作成するには、[こちらをクリック]の部分をクリックします。

すると、下の画像のように「Googleに更新を通知しました。」「Bingに更新を通知しました」と表示されれば、サイトマップの作成&通知は完了です。

Googleウェブマスターツールに登録

ここでは、作成した「xmlサイトマップ」を、Googleウェブマスターツールに登録する方法を紹介します。

なお、Googleウェブマスターツールに登録すると、「送信した記事数」と「実際にインデクスされた記事数」を知ることができます。インデックスの状態を知るためにも登録することをおすすめします。

「Googleウェブマスターツール」のリンクをクリックします。

xmlサイトマップを登録するサイトを選択します。(アカウントを取得していない場合は、登録してください。サイトを登録していない場合はサイトを登録してください)

左側のメニューから、[クロール] → [サイトマップ]の順にクリックし、右側の[サイトマップの追加/テスト]ボタンをクリックします。

設定を変更していなければ、「sitemap.xml」と入力すればOKです。[サイトマップをテスト]をクリックします。

「テストが完了しました。」と表示されたら、[テスト結果の表示]ボタンをクリックします。

「エラーは見つかりませんでした」と表示されればOKです。[サイトマップのテストを閉じる]をクリックします。

テストが完了したので、実際にサイトマップを送信します。[サイトマップの追加/テスト]ボタンをクリックします。

先ほどと同様に「sitemap.xml」と入力しいます。今回はテストではないので、[サイトマップを送信]のボタンをクリックします。

「サイトマップを送信しました。」と表示されたら、[ページを更新する]をクリックします。

サイトマップの送信が完了すると、送信された記事数が表示されます。

これで、Googleウェブマスターツールにサイトマップの登録ができました!

以上、WordPressのプラグイン「Google XML Sitemapsのインストール&使い方」でした!

関連記事

コメントは利用できません。